栃木県の特定社会保険労務士(社労士) 人事・労務のベストパートナー

経営お役立ち情報

産業雇用安定助成金
( 2021.2.15)

▼概要
コロナ禍で事業活動の一時的な縮小を余儀なくされた事業主が、雇用契約を維持したまま従業員を出向させる「在籍型出向」を行う場合に、出向元と出向先の双方の事業主に助成する「産業雇用安定助成金」が創設されました。出向元の事業者だけが助成対象の「雇用調整助成金」と異なり、出向先の事業者も支援の対象になるため、従業員の受け入れがしやすくなります。

▼詳細
「独立行政法人中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ

高齢社員戦力化のための ヒント集(PDF)
( 2021.2.15)

▼概要
少子高齢化が進み、労働力人口の減少が見込まれる中、高齢社員の戦力化が重要になってきています。法定の雇用上限年齢を超えた雇用制度の整備や、高齢社員が大いに活躍できる環境づくりが必要となっていきます。

▼詳細
「独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構」
詳しくはこちらへ

インターネットビジネスマッチング「日本政策金融公庫」
( 2021.2.15)

▼概要
日本政策金融公庫では、ビジネスチャンスを広げていただくための「場」として、インターネットビジネスマッチングサイトを運営しています。
全国の様々な業種の事業主が「売りたい」「買いたい」情報を無料で登録することができます。取扱い商品などを全国規模でPRするとともに、販売先や原材料の仕入れ先の確保などに活用できます。

▼詳細
「日本政策金融公庫」
詳しくはこちらへ


事業再構築補助金
( 2021.2.1)

▼概要
新分野展開や業態転換、事業・業種転換等の取組、事業再編又はこれらの取組を通じた規模の拡大等を目指す企業・団体等の新たな挑戦を支援します。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」
(ビジネスモデル構築型)の2次公募
( 2021.2.1)

▼概要
本事業は、中小企業が持続的に経営革新に取り組み、生産性を高めていけるイノベーション・エコシステムを構築するため、30者以上の中小企業に対して、(1)革新性、(2)拡張性、(3)持続性を有する、ビジネスモデル構築・事業計画策定のための支援プログラム(例:面的デジタル化支援、デザイン経営実践支援、ロボット導入FS等)を開発・提供することを支援するものです。

▼詳細
「独立行政法人 中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ

「確定申告」 ネットで自動計算
( 2021.2.1)

▼概要
確定申告の時期が近づいてきました。ほとんどの給与所得者は、年末調整で所得税が精算されるため確定申告をする必要はありません。
しかし、給与所得者でも確定申告が必要な場合や、確定申告をすると源泉徴収された所得税が還付される場合があります。
自分で確定申告をしてみようという方は、下記サイトを参考に頑張ってみてください。

▼詳細
「国税庁」
詳しくはこちらへ


コロナ禍で導入されたサービスロボットの事例
( 2021.1.15)

▼概要
昨今の新型コロナウイルスの感染拡大を受け、様々な産業分野において、感染リスクを低減させるために、「遠隔化」「非接触化」「非対面化」を実現するサービスロボットに対する期待が寄せられています。
今般、一般社団法人日本ロボット工業会がサービスロボットメーカーに対してアンケート調査を行い、コロナ禍におけるサービスロボットの導入・実証事例を取りまとめました。

▼詳細
「一般社団法人 日本ロボット工業会」
詳しくはこちらへ

伝統的工芸品産業支援補助金
( 2021.1.15)

▼概要
本補助金制度は「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」の規定に基づき経済産業大臣が指定した工芸品の組合、団体及び事業者等が実施する事業の一部を国が補助することにより、伝統的工芸品産業の振興を図ることを目的としています。
各産地における伝統的工芸品の、原材料確保対策事業、若手後継者の創出育成事業のほか、観光業など異分野や他産地との連携事業、国内外の大消費地等での需要開拓などに対して支援を行います。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

持続可能な開発目標(SDGs)活用ガイド
( 2021.1.15)

▼概要
環境省は、持続可能な開発目標(SDGs)に係る取組の進展に寄与することなどを目的として、すべての企業が持続的に発展するためのSDGsの活用ガイドを作成しました。
本ガイドでは、変化するビジネス環境の中で企業が置かれている状況と、企業にとってSDGsに取り組む意義について説明した上で、具体的な取組の進め方を示しています。また、既にSDGsに先駆的に取り組んでいる企業の事例などを紹介しています。

▼詳細
「環境省」
詳しくはこちらへ


ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金(5次募集)
( 2021.1.1)

▼概要
中小企業・小規模事業者等が今後相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、中小企業・小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援します。

▼詳細
「ものづくり補助金総合サイト」
詳しくはこちらへ

中小企業向け「同一労働同一賃金まるわかりBOOK」
( 2021.1.1)

▼概要
日本商工会議所が中小企業向けに「同一労働同一賃金」を分かりやすく解説したガイドブック「同一労働同一賃金まるわかりBOOK」をホームページで公開しています。厚生労働省のガイドラインや2020年10月に出された最高裁判所の判決も踏まえ企業がとるべき具体的な対応策を各待遇・手当ごとに整理し、分かりやすく解説しています。

▼詳細
「日本商工会議所」
詳しくはこちらへ

小企業の経営指標
( 2021.1.1)

▼概要
小企業は事業所数が多く、わが国経済の発展に大きな役割を果たしていますが、その経営実態を把握するためのデータは乏しいのが実情です。
日本政策金融公庫では1965年以来、小企業の標準的な指標を作成し、中小企業関係者各位の参考に供するため、本調査を実施しています。

▼詳細
「日本政策金融公庫」
詳しくはこちらへ


緊急事態に備える「事業継続計画」(BCP)
( 2020.12.15)

▼概要
「事業継続計画」(BCP)とは、企業が自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合、その損害を最小限にとどめ、中核事業の継続あるいは早期復旧のために、平常時に行うべき活動や緊急時の対処、手段などを取り決めておく計画のことです。
(Business Continuity Plan)

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

訪日外国人おもてなしマニュアルと簡単な会話集
( 2020.12.15)

▼概要
現状はコロナ禍で訪日外国人は極端に少ないですが、ワクチンや薬が開発されれば訪日外国人も増えてきます。その人たちの行先は東京だけに留まらず全国に広がり、小規模店舗にも外国人が立ち寄る可能性がありますから、簡単な応接ポイントを押さえておくことは大事です。
本マニュアルでは、外国人観光客の国別の特徴や宗教上食べられないものなど基本的な事柄を紹介しています。

▼詳細
「足利商工会議所」
詳しくはこちらへ

「はばたく中小企業・小規模事業者300社」2020
( 2020.12.15)

▼概要
本書は、ITサービス導入や経営資源の有効活用等による生産性向上、積極的な海外展開やインバウンド需要の取り込み、多様な人材活用や円滑な事業承継など、様々な分野で活躍している中小企業・小規模事業者を『はばたく中小企業・小規模事業者300社』として選定し、取りまとめたものです。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ


大人の武者修行
( 2020.12.1)

▼概要
「大人の武者修行」は貴社の次代を担う経営人材を優良企業の職場に送り、一緒に汗をかきながら働くことを通じてサービスイノベーションの極意を学び取る、新しいタイプの社会人インターンシップです。
「武者修行者」が持ち帰る、優れた企業のDNAやサービスビジネスの極意が、貴社の風土を変える可能性があります。

▼詳細
「サービス産業生産性協議会」
詳しくはこちらへ

外国人留学生の採用や入社後の活躍に向けたハンドブック
( 2020.12.1)

▼概要
経済産業省は、文部科学省及び厚生労働省とともに、企業が外国人留学生等の多様性に応じた採用選考や採用後の柔軟な人材育成や待遇等を実践できるよう「外国人留学生の採用や入社後の活躍に向けたハンドブック」を策定しました。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

年末調整がよく分かる!(国税庁)
( 2020.12.1)

▼概要
事業主は従業員に給与を支払う際、「源泉徴収税額表」に基づく所得税額を給与から源泉徴収して納付することになっていますが、その源泉徴収をした税額の合計額とその人の納めるべき年税額とはほとんど一致しません。
税額が一致しない理由
(1) 源泉徴収税額表は、年間を通して毎月の給与の額に変動がないものとして作られているが実際は年の中途で給与の額に変動があるため。
(2) 年の中途で扶養親族等に異動があっても、その異動後の支払分から修正するだけで、さかのぼって各月の源泉徴収税額を修正しないため。
(3) 配偶者特別控除や生命保険料、地震保険料の控除などは、年末調整の際に控除することになっているため。
この不一致を精算するのが年末調整で、1年間に徴収した源泉徴収税額と年税額との過不足額を計算して、その差額を本人から徴収又は還付します。
年末に行うことから「年末調整」と呼ばれています。

▼詳細
「国税庁」
詳しくはこちらへ


事業承継マッチング支援
( 2020.11.15)

▼概要
日本公庫国民生活事業の事業承継マッチング支援は、後継者がいないために「事業を譲り渡したい」とお考えの方と、創業や事業拡大等に向けて「事業を譲り受けたい」とお考えの方をつなぐ、無料のマッチングサービスです。
全国約90万先の顧客基盤を活かし、外部機関と連携しながら、地域を越えて事業承継マッチングを推進していきます。

▼詳細
「日本政策金融公庫」
詳しくはこちらへ

中小M&Aハンドブック
( 2020.11.15)

▼概要
経済産業省では、後継者不在の中小企業の皆様に、中小企業を対象とするM&Aを分かりやすくお伝えするため、中小M&Aについてイラストを用いてポイントを解説した「中小M&Aハンドブック」を策定しました。
中小企業の皆様にとって従来は馴染みがないとされていたM&Aですが、近年では事業承継の1つの選択肢として活用が広まってきています。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

障害者雇用の事例集
( 2020.11.15)

▼概要
障害者の雇用管理や雇用形態、職場環境、職域開発などについて事業所が創意・工夫して実践している取組を、テーマ別にとりまとめて紹介した事例集です。

▼詳細
「独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構」
詳しくはこちらへ


中小企業デジタル化応援隊事業
( 2020.11.1)

▼概要
「中小企業デジタル化応援隊事業」は、デジタル化・IT活用に悩む全国の中小・小規模事業者と、フリーランスや兼業・副業人材等を含めたIT専門家をつなぎ、専門的なサポートを充実させる事業です。

▼詳細
「独立行政法人 中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ

多様な働き方導入支援 オンラインセミナー
( 2020.11.1)

▼概要
勤務地や職務、労働時間が限定された「多様な正社員」制度を導入することは、社員の離職を防止し、優秀な人材の確保・定着を期待できるだけでなく、社員のモチベーションアップや企業の生産性向上につながる等、企業が直面する課題を解決するための方策の一つになり得ます。
本セミナーでは、有識者による基調講演や「多様な正社員」制度を導入している企業の取組事例を紹介します。

▼詳細
「株式会社東京リーガルマインド」 厚生労働省委託事業
詳しくはこちらへ

雇用形態に関わらない公正な待遇の確保 オンラインセミナー
( 2020.11.1)

▼概要
令和2年4月1日に施行されたパートタイム・有期雇用労働法に基づき、正社員とパートタイム・有期雇用労働者との間の不合理な待遇差を解消し、雇用形態に関わらない公正な待遇を確保することが事業主に求められます。
(中小企業は令和3年4月1日より適用。)
本セミナーでは、パートタイム・有期雇用労働法への適切な対応・取組に向けて、基調講演や改正法の解説、企業による取組事例の紹介、パネルディスカッションを行います。

▼詳細
「PwCコンサルティング合同会社」 厚生労働省委託事業
詳しくはこちらへ


IT導入補助金2020〜特別枠(C類型)
( 2020.10.15)

▼概要
IT導入補助金〜特別枠(C類型)は、昨今の新型コロナ感染症が事業環境に与えた影響への対策及び同感染症の拡大防止に向け、具体的な対策(サプライチェーンの毀損への対応、非対面型ビジネスモデルへの転換、テレワーク環境の整備等)に取り組む事業者によるIT導入等を優先的に支援するために創設されたものです。
(A類型・B類型)とは一部異なる点がありますのでご注意下さい。

▼詳細
「一般社団法人 サービスデザイン推進協議会」
詳しくはこちらへ

共同・協業販路開拓支援補助金(第2回)
( 2020.10.15)

▼概要
本事業は、中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革、被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイスの導入等)等に対し、地域振興等機関(地域に根付いた企業の販路開拓を支援する機関)が中心となって、地域の中小企業・小規模事業者を取りまとめ、互いに足らざる経営資源を補いながら商品やサービスの販路開拓に取り組む事業に対して経費の一部を補助するものです。

▼詳細
「全国商工会連合会」
詳しくはこちらへ

共創型サービスIT連携支援事業(補助金)
( 2020.10.15)

▼概要
本事業は、中小事業者等の生産性向上やデジタル・トランスフォーメーションを実現するべく、中小事業者等とITベンダーが共同で既存のITツールの連携や機能改善に取り組むプロジェクトに係る経費の一部を補助するものです。

▼詳細
「共創型サービスIT連携支援事業」事務局
詳しくはこちらへ


テレワークセキュリティに関する手引き(チェックリスト)
( 2020.10.1)

▼概要
総務省では、安心してテレワークを導入・活用していただくための指針として、「テレワークセキュリティガイドライン」を策定・公表してきたところですが、これまでテレワークを導入していなかった中小企業等においてもテレワークの導入が広まる中で、従来のテレワークセキュリティガイドラインに加えて、より実践的かつ具体的で分かりやすい内容の資料について必要性が高まっていました。
こうした状況を踏まえ、今般、セキュリティの専任担当がいないような中小企業等におけるシステム管理担当者(専門用語について仕組みの詳細まではわからないが、利用シーンがイメージできるレベルの方)を対象として、テレワークを実施する際に最低限のセキュリティを確実に確保してもらうための手引き(チェックリスト)等を作成し、公表するものです。

▼詳細
「総務省」
詳しくはこちらへ

中小企業成長促進法が10月1日に施行されます
( 2020.10.1)

▼概要
「中小企業の事業承継の促進のための中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律等の一部を改正する法律」(中小企業成長促進法)は、中小企業の廃業を防ぐとともに、中小企業が積極的に事業展開を行い、成長できる環境を整備するために、経営者保証の解除支援、みなし中小企業者特例、海外展開支援、計画制度の整理など、必要な措置を講ずるものです。
▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

「事業継続力強化計画対策」webセミナー(無料)
( 2020.10.1)

▼概要
「中小企業強靭化法」が施行され、事業継続力強化計画の認定制度が開始されました。
防災・減災の事前対策計画を国により認定を受けた中小企業は、税制措置や補助金の加点などの支援を受けることができます。

▼詳細
「独立行政法人 中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ


エコリース促進事業補助金
( 2020.9.15)

▼概要
家庭、業務、運輸部門を中心とした地球温暖化対策を目的として、一定の基準を満たす、再生可能エネルギー設備や産業用機械、業務用設備等の幅広い分野の低炭素機器をリースで導入した際に、リース料総額の1〜5%を補助する補助金制度がご利用できます。

▼詳細
「環境省」
詳しくはこちらへ

感染症対策等の計画策定支援事業(無料)
( 2020.9.15)

▼概要
中小企業者に対して、新型コロナウイルス、自然災害等の事前の対策の知見をもつ支援人材を派遣して、新型コロナウイルス含む感染症や自然災害等へ備えるための事業継続力強化計画策定支援を行います。

▼詳細
「独立行政法人中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ

知的財産を経営に生かす知財活用事例集「Rights」
( 2020.9.15)

▼概要
知的財産の効果は、一般的には「独占排他権」としてのイメージが定着していますが、例えば、「社内の開発力」や「営業力の強化」などにも好影響をもたらすことはなかなか知られていません。
こうした“知財活用のメリット”に着目し、各事例がどのようなメリットを有するかを分析し、知財に不慣れな方にもわかりやすく提示する中小企業向けの事例集です。

▼詳細
「特許庁」
詳しくはこちらへ


ものづくり・商業・サービス高度連携促進事業(補助金)4次募集
( 2020.9.1)

▼概要
本事業は、中小企業・小規模事業者が高い付加価値を創出し、生産性の向上を図れるよう、複数の中小企業・小規模事業者等が連携して取り組む生産性向上に資する高度なプロジェクト等に係る経費の一部を補助するものです。

▼詳細
「独立行政法人中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ

ちょこっとゼミナール
( 2020.9.1)

▼概要
「ちょこっとゼミナール」は 小規模事業を営む方やこれから起業する方を対象とした簡単な経営講座です。
ちょっとした休息時間を使って学べるよう、どの講座も10分程度にまとめてYouTubeに公開しています。
・ビジネスの悩みを10分で解決
・著名経営者の言葉に学ぶ
・起業前に知っておくこと
・地域の魅力をビジネスチャンスに

▼詳細
「独立行政法人中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ

サポインマッチナビ
( 2020.9.1)

▼概要
サポイン(戦略的基盤技術高度化支援事業)は「Supporting Industry」の略で、中小企業・小規模事業者が大学や公設試験研究機関、他の企業などと共同で我が国産業を支えるものづくり基盤技術の高度化に向けた研究開発や試作品開発、販路開拓などの取組を支援するものです。
最大3年間、合計で9,750万円の補助金を受けることができます。
サポインでは、日本のものづくりの「競争力強化」と「新たな事業の創出」を目指しており、これまで2,000件を超える中小企業・小規模事業者による研究開発プロジェクトを支援しています。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ


お問合せ 電話

 お役立ち情報

経営に役立つ情報を、毎月更新して掲載しております。

 主な業務

 CUBIC 個人特性分析

採用から配属・教育研修・組織診断に活用できるアセスメントツールです。

詳しくはこちらへ

 連絡先

社会保険労務士法人アシスト
(旧 増渕労務管理事務所)

〒322-0048
栃木県鹿沼市村井町139番地
TEL 0289-65-2125
FAX 0289-65-5993
お問い合わせフォーム

ページのトップへ戻る